未来把握から始まる自己改革

MUP

あなたはこれからの未来を把握していますか?

大量リストラ時代の到来

この先、数年後にはサラリーマン、いわゆるホワイトカラーの人たちの大量リストラ時代がくると言われています。
すでに始まっているところもあるし、今回の新型コロナの影響で加速した感もあります。

じゃあ何故、さらなる大量リストラ時代が始まるのか?
でもその前に、今の日本の状況を考えてみましょう。

まずはこれ。

「国による定年延長雇用努力の義務化」

国は70歳まで雇用をすることを努力してくださいと、企業に押し付けました。これがどういうことかわかりますか?

「自分たちの老後は、自分たちで働いて生活を維持してくださいね」という国からのお達しです。
そしてその為に、企業は頑張って定年制度を無くして雇い続ける努力してくださいということです。

それに対して、企業はこれ。

「終身雇用なんて今時無理ですよ!勘弁してくださいよ・・・」

経団連の会長の中西さんやトヨタの会長の豊田さん、揃って終身雇用は限界だと本音を漏らしています。

そもそも、70代の年寄りに高い給料を払って何ができるのでしょうか?企業としては損失でしかないですよね。
それは雇われる側も同じです。自分たちにできることは限られているのに、肩身の狭い思いしながら会社にい続けなければいけない。

どちらにとっても最悪な展開です。

さらに国は、
「年金以外に老後1,500万円〜3,000万円必要」と試算しているんです。

もう、年金は無理だから自分たちでなんとかしてねってことです。

昭和時代の
「良い会社に入って終身雇用で一生安心・安泰」はすでになくなっているんです。

それなのに未だにそんな寝言を言い続ける、年寄り世代もいます。
なんなら、学校すらそんな風に教え続けています。

企業だって馬鹿じゃありません。昔のように、一度入社したからといって死ぬまで面倒なんてくれません。昔の外資系企業のように、実力がなければ、実績が残せなければクビになる時代です。

もう、国にも企業にも頼る時代ではないんです。自分だけが頼りの時代に入っているんです。

少子高齢化の進行

少子高齢化って言われ始めて結構な時間が経っていますが、それが解決するような気配はありません。
このまま、少子高齢化は止まることはないでしょう。そしてそのまま進めば、若者1人が老人1人を支える時代になります。

これって、頑張って働いたお金の半分を老人のために回します。ってことなんです。

どうですか?その上、老後の資金は自分で用意してねって言われてるのがこれからの若者です。

さらに、人材不足によってどんどん外国人労働者が増えていきます。しかも今までの様な単純労働だけではなくなってきます。

どんどん、企業の中枢部分まで外国人が入ってくるでしょう。

日本企業の外資化と日本人の価値の低下

その理由も少子高齢化の影響です。

老人たちは、物を買ったり遊びに行ったりという若者の様な消費がありません。そんな老人だらけの社会では、消費はどんどん落ち込んでいきます。

そうなると企業は海外への展開を考えます。そのためのグローバルな人材を求めます。でも日本にはグローバル化社会に対応できる人材が極端に少ないんです。

今の日本の教育は言われたことだけしかできない前習え教育です。自分で発想して行動に移す様なことは教えられません。従順な会社員を作り出すことが目的だからです。

高度経済成長期ならそれでも良かったかもしれません。でも今の時代そんな人間は価値が下がってしまっているんです。日本人の価値がすでに下がり始めているんです。

そうなると、海外展開したい企業にとってはわざわざ日本人を雇う必要もありませんよね。企業にとっては外国人の方がいいんです。

AIの普及と株主

さらにはAIによって仕事がなくなっていきます。そうです。AIにできる仕事はどんどんAIにとって変わられていきます。

すでにレジが無くなっていってますし、工場なんかではどんどんAI化されています。人間にしかできない仕事以外は、全てAIに代替されていくでしょう。

そして大量解雇の時代です。

課長や部長、社長にどんなに気に入られていても、子供や妻、家族がいても、会社の所有者である株主には関係ないことなんです。

AIの方が利益が高いのなら、今まで一生懸命働いてくれた従業員を解雇してもなんとも思わないです。そもそも、株主はどんな社員が働いているかなんて知りませんからね。感情論なんて一切持っていません。

まとめ

今の世の中は、国は企業に従業員の面倒を押し付け、企業は日本人従業員よりも外国人やAIの方がいいと思っているんです。

そしてその僕ら従業員は、
「日本にいれば大丈夫でしょ!」
「どうにかなるんじゃない!」
「とりあえず飲みに行こう!」

って根拠のない自信?夢?を持って毎日をなんとなく生きているのが現状です。

でもこのまま何もしないでいると数年後には、

仕事 → スキル無し。仕事無し。海外へ逆に出稼ぎ行かないと生活できない。
財産 → 家も車も買えない。一生賃貸アパート暮らし。
家庭 → 結婚なんてできない。子供なんて育てられない。
両親 → 老人ホームに入れるなんて無理だよ。介護の毎日。

という社会になってしまうではないでしょうか?

国も企業も誰も僕らの面倒は見てくれません。自分、自分の周りの面倒は自分しか見れません。

このまま何もせず絶望的な未来を送るか、自己改革するかは僕たち自分次第です。

僕は絶望的な未来なんて想像したくありません。そのために今僕は一歩ずつ自己改革を進めています。

さて、あなたはどうしますか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました