初心者が初めて作るVLOG・動画

動画クリエイターへの道

動画の技術を学びたいと思ってから、初めて作ったVLOGがこちら。

撮影は土曜日の朝、娘との散歩ついでにiphone SEで取りました。
買ったばかりのDJI Osmo Mobile 3 にiphoneをセットして、娘と一緒に散歩しながらとりあえず動画を撮る。それしか出来なかったです。

何が撮りたいか、どこを撮ればいいか。そんなこともわからず、ただただ歩いて見える景色を撮影してました。なので、海の綺麗さを撮ったカットも無く、何が伝えたいのか分からない動画になってしまいました。

なぜそんな動画を公開したのか?

この動画を見てくれた友達にも色々ダメ出しもされたんですけど、敢えて公開しました。
その理由は、自分の成長を記録するためです!

動画を学んでいけば普通は成長するじゃないですか。それを確認するためにも、初めて作った動画を公開しておこうと思いました。

ブログでもそうですけど、「恥ずかしいから公開しない」みたいな人って結構多いんですよね。でも未熟だろうが公開することで、多くの人の目にさらされることで人ってどんどん成長するんじゃないかなと。

動画の撮影・編集をとにかくやってみる!

本や講座なんかで学んでもその通りのことしかできません。シーンが違えばどうしていいか分からなくなるし、撮影方法なんて実際に自分で撮影しないと、何が足りないのかなんて分かりません。

だからとにかくカメラを回す。そしてそれをVLOGとして編集してみる。これをどれだけやるかで、ある程度の動画は作れると思います。

自分自身、まだまだ回数も足りないしこれから編集技術を学んで行くんですけど、とにかく行動することが一番の成長になると信じてます。
そしてこのブログやVLOGが、僕と同じ様に新しく動画にチャレンジする人の参考になったらいいなと思いながら書いてます。

初めての動画編集をして気付いた事とは?

撮影時には何も分からなかったんですけど、編集をやり始めて気付いたことがあります。

  1. 何を撮りたいのか、伝えたいのかを明確にしておく。
  2. カット数が少ないとノッペリとした動画になる。
  3. できれば人・モデルが居た方が動きのある映像になる。
  4. BGMを決めてから編集した方がいい。

なんとなくカメラを回しているだけだと、編集している時に欲しい映像が無くて適当な画像を繋いでしまいます。それに延々と撮り続けていると、カット数が少なくなり飽きてしまう様なダラーっとした映像になります。

風景なんか撮影でも人がいる方が動きが出て、映像に変化が出て飽きにくくなると思います。そして、編集する時最初にBGMを決めておくことで、BGMに合わせたカット割りができるので、気持ちよく見ていられます。

次の動画の作成に生かす

そういったことを踏まえて、次の動画を作る時には撮影時にも意識していけば、映像が足りないなんてことにはならないかな。

最低でもとにかく撮れるものは撮って、編集時に選択できる様にしておくことが大事です。

最初から構成考えてとかやってたら、いつまで経っても撮影にも行かなくなる気がする。だから最初はまず撮影する場所行って、撮りまくる!
そして編集する。そうすれば何が足りないのか。どういう映像が必要なのか。そういうことが分かってくるでしょ。

撮影、編集の実績数が少なければ、必要な映像なんかが分からないので構成自体考えられないですよね。

ということで、撮影、編集をとことん繰り返してどんどん動画作っていきましょうね!

動画クリエイターへの道
SOLをフォローする
この記事を書いた人
SOL
SOL

40代の沖縄宮古島在住。宮古島に移住して3年が過ぎ、少し落ち着いてきたので改めてブログ書き始めました。
楽しく、同じ年代の人がやってみようと思える様なことにどんどん挑戦していきます!

SOLをフォローする
SOL's LOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました