ライティングでSEOを意識した時に押さえておきたい3つのこと

SEOとは

ブログを書いて収入を手にしたいあなたへ

インターネット上で何かしらの商品やサービスを販売する場合、サイトへ来てもらわなければいけません。そのために検索サイトで上位に表示させるように頑張るんです。

これが「SEO」です。サイトへ来てもらう(アクセスを集める)方法として他に、お金を払って広告を表示させる方法があります。これにはもちろんお金がかかります。

資金力があればこの広告を利用してもいいと思いますが、常に広告費がかかります。

コストを下げられれば、利益率が上がるので多くの人や企業はSEOに力を入れるんですね。

SEOに強いライター

昔は、リンクを貼れば掲載順位が上がるとか、いろいろ裏技的な方法があったようですが、今ではほとんど効果がないと言われています。

googleさんは常に検索サービスの質の向上を考えています。打ち込まれたキーワードから、最適な答えを返すことが目的なんです。

ということは、検索結果に上位表示されるには、打ち込まれたキーワードに対しての最適な答えを記事にすればいいということです。

これがSEOの基本であり、大前提なんです。

そしてこの記事を書くのがライターです。SEOライターとかコンテンツライターと呼ばれたりもします。

SEO対策にはキーワードを入れる

記事の中に検索時のキーワードを入れます。これは機械的にも検索者への答えとしても、キーワードに関してのことが書かれていることを伝える必要があるからです。

どの程度キーワードを入れるのか?って思いますよね。だいたい5〜7%だと言われています。そのせいか、ライティングの依頼案件でも「キーワードを6%入れてください」と言われます。

実際のところ、それが正しいのかどうかはわかりません。「そんなに入れなくても大丈夫」という人もいれば、「キーワードの数なんて関係ない」という人もいます。

これは、その人それぞれの経験の場合がほとんどです。

ある人は、「キーワードの出現率を6%にしたら上位表示された」という経験があっって言っているのかもしれません。またある人は、「キーワードなんて気にしないで書いても、ちゃんと求める答えが書いてあれば大丈夫」という人もいます。

Googleさんの検索の仕組みが公表されていない以上、これが絶対だということはできません。ただ、多くの人の経験値からこういった情報が出て来ているんです。

だから、あってるかどうかわからないのに・・・。って思う前に実際にやってみることをおすすめします。

それにWEBライティングの仕事の依頼では、間違いなくこの「キーワードの出現率」を指定されます。

SEO対策は文字数が多い方がいい

文字数については、文字数が多いからSEOに有利というわけではないようです。サイトの滞在時間が長いから、SEOに有利なんです。

サイトの滞在時間が長い=記事のコンテンツがいい!充実している!

という判断基準からです。

だから滞在時間を増やすために、動画を設置してもいいんです。動画コンテンツの時間が長ければ、滞在時間も長くなります。

逆に言えば、文字数が少ない=記事の内容が薄い。価値がない。

となって、検索サイトでの表示順位が下の方になってしまうんです。考えてみてもらえばわかりやすいんですが、何かを調べる時に検索サイトを利用しますよね。

例えば・・・

「文章 うまくなる方法」というキーワードで検索したとします。検索結果の一番目に表示されたサイトのタイトルが「文章が上手くなるたった一つの方法」です。

間違いなくクリックしますよね。でもクリックしてみるとたった1行だけ、
「書けば書くほど上手くなる」

って書かれていたら「はぁっ!?」ってなりますよね。

検索した人にとって、的確な情報が的確な量だけ書かれていることが最適な答えなんです。

あまりに多すぎても途中で違うページに行ってしまう可能性もあるし、短くても「はぁっ!」ってなるんです。しかも最近はスマホで検索する人が半分くらいになっていることを考えると、単純に長い文章だけでは飽きられてしまいます。

手軽に読まれるからこそ、最後まで読んでもらえるような文章を書かなければいけません。1500〜3000文字程度に上手くまとめた方が、読んでいる人にとっても負担にならないと思います。それ以上になる場合は、別の記事に書くようにしましょう。

「ライティングでSEOを意識した時に押さえておきたい3つのこと」のまとめ

SEOを意識したライティングで押さえておくべきポイントは3つです。

1.検索キーワードに対する答えを記事にする。

2.記事に適度にキーワードを入れる。

3.1500〜3000文字程度の適度な文字数で書く。

他にも細かい部分はありますが、まずはこれを意識して記事を書きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です