文章なんて書いたことない!ブログ初心者のための記事の書き方マニュアル

ブログを書いて収入を手にしたいあなたへ

ライターとして活動するにあたって、オウンドメディアのブログを作ろうという話を前回しました。

セールスコピーライターはじめの一歩!ブログを開設しよう!

さて、ブログを作って記事を書こうと思って手が止まってしまっていませんか?

今回はそんなあなたのための記事の書き方をお伝えしていきます。

 

記事を書く前の記事ネタ探し

記事を書き始める前に大切なのが記事ネタです。大まかに「〇〇について書こう」という思いは持っていますよね。

ない場合は、そもそもどんなブログを書くのか、どんな情報を発信するのかをまず考えましょう。

で、大まかに発信する情報が決まったらどんな記事を書くかを考えるんですが、一番最初にやるのが検索です。

 

検索サイトで、あなたが情報発信しようとしている言葉を入力して検索してみてください。

例えば「コピーライティング」とか「ライティングスキル」とかです。

そして検索結果に表示されたサイトやブログを、上からザッとクリックしてみていきます。

その中から、自分が書きたいなと思えるネタを選びます。

 

それ以外にも、本の中から選んでみるということもできます。同じような情報を発信しているブログでどんな内容が書かれているかをみてネタにすることもできます。

ただここで注意というか絶対にやってはいけないのが、記事や本の内容の丸写しです。あくまでも記事のネタであり、そのネタを元に自分で調べたり、自分の言葉で書いていくのがルールです。

他にも、Q&Aサイトを見るという方法もあります。Q&Aサイトにはたくさんの質問が掲載されています。その質問に答える感じで記事を書くこともできます。

いづれにしても、情報発信する記事は読んでいる人が抱えている疑問や問題を解決してあげることを意識して書くことが大切です。

もしあなたが「自分はまだこの内容に答えられない」と思った時は、あなたが調べて記事にする。知らないことは誰でも書くことができません。それを調べて、まとめてあげる。そういう記事が読んでくれる人の信頼を得られるものです。

 

目次をつくる

書くネタが決まったら、タイトルと目次を作ってみましょう。

タイトルはとりあえずなにについての記事かわかる程度でいいです。

目次は書く記事の小見出しを並べていきます。ここでは、順番はとりあえず考えずに小見出しを書き出していきます。

 

小見出しごとに記事を書く

ここで記事を書き始めます。

いきなり全体を書くという風に考えてしまうと大変なので、小見出しごとに記事を書いていきます。

 

並べ替える

小見出しごとに記事を書き終えたら、全体を通して読んでみて文脈が綺麗に繋がるように並べ替えていきます。

もちろん、そのままで話の流れが問題なければ並べ替える必要はありません。

 

「文章なんて書いたことない!記事の書き方マニュアル」のまとめ

記事を書くにはいきなりPCに向かっても、なかなか記事を書くのは難しいです。

大枠を作ってから書き始めると意外とスムーズに書き始めることができます。

最初にネタを決めて、目次(小見出し)を作ります。

小見出しごとに記事を書いていくことで、今何を書いているのかも把握しやすくなり、話が脱線しにくくなります。

そして最後に、文章の構成、流れをを確認して完成です。

 

僕も最初は全く記事を書くことができませんでした。

「何書けばいいんだ?」

「どうやってかけばいいんだ?」って。

今でも、記事を書くときに手が止まってしまったら、この流れでやっています。

もしあなたが、なかなか記事が書けないと悩んでいるなら参考にしてみてください。

 

もっと具体的で詳細なマニュアルもあります。

一番初めにこれを知っていたら、むだな時間もお金も使わなくて済んだのにって思いました。

もしあなたが文章の書き方、記事の書き方をもっと詳しく学んで、スラスラと文章を書くだけで収入を手にしたいなら

一度見てみることをおすすめします。→もっと具体的で詳細なマニュアル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です