未経験で受注したwebライターの仕事

ブログを書いて収入を手にしたいあなたへ

今日初めて、書いた記事を納品しました。きっと修正依頼が来るだろうな。文字数は3500文字。今までに書いたことのない文字数です。

正直な感想は「きつかった〜!」の一言。

その記事の納品後、もう1記事書きました。これはまだ納品してないんですけど、それも文字数3000文字。

やっぱりきつかった。。。

初めてのライター経験

今まではブログで独りよがりの記事しか書いてきていません。それも多くて文字数1500〜200文字。

ブログの場合は、自分の中にあるものだから書くのにそうそう時間はかかりません。でも納品する記事は違います。明確な意図を持って、制限された中で書かないといけません。これは実は初めての経験でした。

常に「これでいいのか」という思いが出てきて、書くことに集中できないし、自分の中にない情報だから、調べながら書き進めるしかないんですね。

「あ〜、これがライターなんだ」って、思いました。

一度できた事は次はもっと簡単にできる

仕事を受注した時、書けるかどうか不安でした。書いてる最中も書き上げられるか不安でした。でも書き上げることはできました。

それなりの時間がかかったけど書きあげることができました。この経験があるのとないのとでは、精神的な面で大きく違ってきます。

次の記事も全く知識のない記事だったけど、なんとか書くことができました。しかも、昨日の記事よりも短時間で。

これは、前の日に1度記事を書き上げたから、書けるかという不安要素が減ったからだと思います。自分の中に「書ける」という経験があるのとないのとでは集中力も違ってくるんでしょうね。

実践経験が一番の勉強

明日、今日書いた記事を一度見直したうえで納品します。

きっとこれも修正依頼が来ると思います。でもこの修正依頼もありがたいことですよね。今までに数え切れないほどの文章を見てきた人が、自分の文章を添削してくれるんですから。

こんな経験はめったにできないし、それで自分の経験値が上がるならこんなに嬉しいことはない。継続して依頼が来るようにどんどん自分のスキルを上げるしかないしね。

今まで誰かに教えてもらうことが苦手だったからそういう機会を避けてきたのも事実です。でも今はそんな機会が欲しい。文章のプロに学びたいと思っている自分がいるんです。

文章の本は色々買ってきたけど、結局実践してきたかと言われればあやしいものです。ぱらっとめくって、読んだ気になってたぐらいかも。結局経験しないとレベルは上がらないし、今まで積んできた経験の上にあぐらをかいてるだけじゃ取り残されるだけなんですよね。いや、逆に落ちていくだけだろうな。

本や講座を受けることは大切かもしれない。でももっと大切なのは実践なんだよね。

ライターを選んだワケ

今までいろんな仕事をしてきました。だから多分他の人よりもいろんなこと知ってるかもしれません。でも中途半端にいろんなことができても、結局何もできないのと一緒だと気付きました。

「気づくのが遅い」と言われてしまえばそれまでだけど。。。

そして自分が今まで経験したことの中で何か一つ、専門性を磨こうと決めました。それが「書く」ということです。

長い文章を書きながら「つらい」と思ってても、時間と報酬が合わないって思ってても、書くということはやっぱり好きなんだと思う。

こうやってまた1人でMacにむかって書いてるんだからね。

それに書くスキルってこれから先、絶対外せないスキルだと思ってます。コンテンツなんかの情報記事はAIに取って代わられるとも言われているけど、それだっていつの話かわからないし、そんな情報に面白みなんてないんじゃないかなって。

自分自信の情報発信をAIに任せる気にはなれないでしょ?

この先、どんなビジネスするにしても情報発信は必要になって来るし、みんながみんな情報発信し始めたら、その中で見つけてもらえるようにしないといけなくなります。そう考えると、書くというスキル大事でしょ。

初めてライターを経験してみて

今はまだライターとして0の状態で、報酬もかなり低い。これが辛い面でもある。でも最初はみんなこんなもんでしょって思って続けるしかないかな。それに空いた時間にこの経験活かしてアフィリエイトサイトどんどん作っていこうと思ってるし。

ただのライターとして終わるんじゃなく、コピーライター、セールスライターとしてまだまだ上はあるし、そこまで行かないとね。

記事を書けば書くだけ、ほんの少しずつでも経験値が上がっていく。そう思ったら、未経験者が報酬もらいながら経験積める環境って最高だな!

ライターの仕事の受注先

僕が仕事を受注したのは、ランサーズとクラウドワークス。

両方とも初心者歓迎の案件に応募しました。全部で3件応募して、とりあえず2件はトライアルで記事を書くことができました。一社は途中から連絡が来なくなったけど。

今後は継続的にできるかどうかを判断しながら、もっと応募していく予定です。応募数が多い方が採用される数も増えるでしょ。できないかもって思いながらもやってみると意外とできるかもしれないし。応募するだけならクライアントさんの迷惑にはならないしね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です