開業!?設立!?とにかく始める個人事業主の為の開業届の書き方!

ブログを書いて収入を手にしたいあなたへ

こんにちは。

起業するときに、いきなり会社を設立する必要はないという話は以前に書きました。

こちら→「起業に会社の設立が必要だという誤解」

 

今回は個人事業主としてビジネスを始めるときに必要な「開業届」について!

開業届ってなに?

開業届とは、税務署に提出する書類です。

実は個人事業主として起業するときに必要な書類はこれだけです。

 

税金を納めるために必要な書類という位置づけなんです。

いろんなメリットがある青色申告は、この開業届を出してないとできません。

正直、僕もまだ出していません・・・。

これを機に提出しようと思います!

 

開業届の書き方その1

kaigyou

開業届はこちらから→個人事業の開業・廃業届

 

開業届けの書き方ですが、まず最初に一番上の「開業」に丸をします。

結構忘れがちなので忘れずに!

①ここには所轄の税務署名を記入します。→所轄の税務署を調べる

②ここには開業届を提出する日を記入します。

③ここは基本的には自宅の住所を記入します。事業所を納税地にする場合は別に届け出が必要になります。

④納税地を事業所にした場合は、自宅住所を記入します。

⑤あなたの氏名を記入します。

⑥あなたの誕生日を記入します。

⑦あなたの職業を記入します。*参考「日本標準職業分類」

⑧屋号があれば記入します。なければ空欄でもOKです。

 

開業届の書き方その2

kaigyou2

 

次に「届出の区分」から下の欄です。

①「開業」に〇をします。(その下の欄は空欄でOKです)

②開業日を記入します。
すでに事業を始めていた場合はその事業を始めた日を記入します。(初の売上日等)

③「青色申告承認申請書」は一緒に提出してしまいましょう。「有」に〇。

④こちらは「無」に〇。(仕入額が大きくなり消費税の還付を受ける場合に提出する書類です)

⑤事業内容を具体的に記入しましょう。
例.「ホームページの製作・web広告の作成・コンサルタント業務、及びそれに付随する一切の業務」

「及びそれに付随する一切の業務」という文章は、法人の登記でもよく使われる文章です。

この一文を入れておくと、業務内容の幅を広げやすくなります。

 

開業届の書き方その3

kaigyou3

 

 

この先は家族をや親族を雇う場合、従業員を雇う場合に記入します。

①人数を記入します。
ちなみに専従者とは、同一生計の配偶者や15歳以上の親族で6か月以上その業務に従事する人です。

②給与の定め方を記入します。「月給」や「時間給」等

③納めなきゃいけない税金があるかどうかの有無です。該当するほうに〇を付けます。

④最初に給与を支払う日を記入します。すでに払っている場合はその日付を記入します。

⑤源泉所得税を年に2回で納付する場合に提出する書類です。該当するほうに〇を付けます。

以上で、開業届は完成です!

 

開業届の提出

開業届は、税務署へ持っていく方法でも郵送で送る方法でもどちらでも大丈夫です。

ただ、開業に関する証明が必要な場合、税務署へ持って行った方がいいですね。

 

実は税務署から開業届の控え等は発行されません。

でも屋号での銀行口座の開設などには、証明書が必要になります。

そこで開業届の原本をコピーしたものを一枚用意します。

そして開業届を提出するときに、コピーの方に「受付印」押してもらいましょう。

これが唯一の開業に関する証明、個人事業主としての証明になります。

 

開業届と一緒に出しておきたい「青色申告承認申請書」

「青色申告」

よく税務所なんかで目にしますよね。役所とかね。

「なんとなくは知ってるけど・・・」

って人は結構多いと思うんです。

 

「青色申告」とは?

個人事業主の場合、確定申告をしなければいけません。

確定申告の方法には「白色申告」と「青色申告」の2種類があります。

 

「白色申告」の場合、簡単な帳簿を出すだけで確定申告が完了します。

反面、「青色申告」は事前申請をして、簿記帳簿を出さなければいけません。

そこまでして何かメリットがあるのかと思っていますか?

 

「青色申告」のメリットとは?

1.最大で65万円が控除される。

簡易簿記で10万円が控除され、複式簿記で65万円が控除されます。

2.専従者給与が経費として認められる。

嫁さんに給料を払っても、それが経費として認められます。(配偶者控除解かなくなるので注意)

3.赤字を翌年に繰り越せる

赤字だった場合に、翌年の売り上げから赤字分を引くことができます。

この三つが主なメリットですね。

 

複式簿記の記帳をしなければいけないので、そこはデメリットとも考えられます。

 

青色申告承認申請書の書き方

aoiro

*画像クリックで申請書を開くことができます。

さて、青色申告承認申請書の書き方ですが、上の部分は開業届と同じように記入してください。

 

aoi3.001

 

下の部分は以下のように記入しましょう。

①青色申告する年度を記入します。

②屋号と住所を記入します。

③事業所得に◯をします。(一般的な個人事業主)

④初めて届け出るので「無」に◯をします。

⑤開業日を記入します。

⑥65万円控除を受けるためには「複式簿記」に◯をします。

⑦「総勘定元帳」「仕訳帳」「固定資産台帳」(固定資産がある場合)に◯をします。
その他、必要に応じて「売掛帳」「買掛帳」に◯をします。

これで完了です!

 

青色申告承認申請書の提出期限は?

2015年分の申告をする場合は、2015年3月15日までに提出しなければいけません。

新規の開業が、3月15日以降であれば、開業日から2ヶ月以内に提出しましょう。

 

これが過ぎた場合は、翌年からしか青色申告ができません。

 

まとめ

個人事業主として開業届けを出すこと、青色申告にはメリットがります。

1.屋号付きの銀行口座の開設で信用力が上がります。

2.青色申告で65万円控除ができます。

3.専従者給与を経費として計上出来ます。

4.赤字を翌年に繰越せます。

 

申請書と帳簿でこれだけメリットがあるなら、やはり青色申告をしたほうがいいかもしれませんね!

帳簿付けは今後ビジネス展開をしていく上でも必須のスキルになると思います。

今は便利なクラウドソフトもあるので、僕自身この機会に挑戦してみようと思います!

 

新会社・個人事業主でも申し込みできる!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です