起業に会社の設立が必要だという誤解

ブログを書いて収入を手にしたいあなたへ

こんにちわ。

いよいよ本格的にゴールデンウィーク突入ですね!

でも、こんな時間(朝の6時)からブログ書いてます(^_^;)

 

今日は会社の設立について書いていきます。

 

起業に会社は必要なのか?

起業しようと考える多くの人たちが悩むのが会社の設立です。

結論から言ってしまうと、

「起業時に会社の設立なんてするな!」って感じです。

 

スモールビジネスの場合、「○○会社」で信用度が上がるわけではありません。

よく「法人の方が信用がある」と勘違いされている方がいますが、

それは法人だから信用があるわけではないんです。

 

 

「法人は信用がある」の間違い!

大きな会社との取引時に「法人じゃないと・・・」って言われるから

法人にした。そんな個人事業主がたくさんいます。

これが結果として、法人じゃない信用がないという風に勘違いされているんです。

 

スモールビジネスで起業する場合、いきなり大きな会社相手に取引を始める

事なんてありません。地域の店舗や会社さんのほうが多いと思います。

 

「○○会社」という名前よりもあなた個人を売ることが重要になってきます。

 

 

株式会社を作るとどんなことになるか?

・何も知らない人からは、「すごーい!会社作ったんだぁ」って言われる(笑

・会社運営の借金等は出資金の範囲内で済む。銀行から借りるときは個人で連帯保証

取られます(苦笑

・毎年決算の公告が必要。官報に掲載するのに、毎年5万円以上かかります。

・資金調達がしやすい。上場してからの話です。

・設立費用が30万円近くかかる。この費用を集客に回した方が、確実に売り上げは

上がります。

 

スモールビジネスで一人で起業するには、「○○会社」が必要ないというのが

分かったと思います。

 

 

 

「でもどうしても○○会社が必要です!」という人には、

一人ビジネスにもってこいな「合同会社」というものがあります。

 

合同会社の場合・・・

・設立費用が安い。株式会社に比べて登録免許税が9万円安い。

・決算公告の義務がない。毎年5万円以上払って、官報に掲載する必要がない。

・出資者が複数になると、もめたら何も決められない。一人起業じゃないと向かない。

・「合同会社」ってなに??って聞かれる。まだ有限や株式と違ってあまり知名度がない。

ってかんじでしょうか。

何らかの体裁のために「法人」でも、売り込むのは「個人」という人には便利かもしれません。

 

将来的には、「株式会社」に変更もできるので、

税金面や、組織としての運営に慣れたらそれもいいかもしれませんね。

 

まとめ

会社を設立するかどうかを悩むよりも、

さっさとあなた個人で集客して、売上を立てるほうがいいですね。

会社設立費用を広告費など集客に使う方が、起業時にはメリットが大きいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です