副業でも始められる!?セールスコピーライターの仕事とは

ブログを書いて収入を手にしたいあなたへ

セールスコピーライターと聞いてあなたはどんなイメージを持ちますか?

僕は初めて聞いた時、なんだかおしゃれでとってもクリエイティブな感じがしました。それに才能がないと慣れない職業だと。実際、セールスコピーライターは、広告の文章を作る人です。売れる広告の文章を作る人です。

広告には2種類ある

一般的に広告には2種類の広告があります。イメージ広告とレスポンス広告です。セールスコピーライターはレスポンス広告の文章を作る人です。

イメージ広告とは

イメージ広告は直接商品やサービスを売る広告ではなく、企業のイメージやブランディングに使われる広告です。テレビのCMや新聞の一面広告なんかでよく使われます。大企業が自社のイメージをあげて、間接的に売上を伸ばすための広告です。

レスポンス広告とは

レスポンス広告は、お客さんに直接商品やサービスを販売するために使われる広告です。折り込み広告や通販の広告、ダイレクトメールなどで使われています。電話での注文、資料請求など、なんらかの行動を起こしてもらうための広告です。

セールスコピーライターはこのレスポンス広告の文章を作る仕事です。

セールスコピーライターとは

でもセールスコピーライターになるとどんな風に仕事をするか気になるところですよね。かなりハードルが高いのではないかと思ってしまうかもしれませんが、実際セールスコピーライターになれば、

  1. 困っている会社を助けてあげられる
  2. 自宅で仕事ができる
  3. 仕入れが必要ないので売上のほとんどが利益
  4. 副業でも始められる
  5. どこに住んでいても仕事ができる

こんな生活が可能になります。

やりがいもあって、仕事をやめなくても副業から始められて実力さえつけばどんどん収入が増えて行くんです。あなたもそんな風になりたいと思いませんか。僕はこんな生活がしたいから、セールスコピーライターを目指しました。

実際、今では田舎暮らしをしながらこの文章を書いています。

セールスコピーライターになるには

ただし、セールスコピーの責任は重大です。当たり前ですがクライアントの売上、収益に直結する広告文を作るのですから。それだけの責任感、覚悟を持たなくてはいけません。

僕の話ですが、最初は「誰でもすぐに売れる文章が書ける」みたいなキャッチコピーに惹かれて興味を持ちました。でもそんな簡単なことではありませんでした。最初はコピーの意味すらわからず、文章なんて書けませんでした。そんな状況でも粘りつよく着実に続けることが大切です。

そうやって、スキルが身についていきます。小手先のテクニックで作られたセールスコピーなんて誰も反応してくれません。

今は多くの講座や、書籍が出ています。ただ、いきなりセールスコピーの本を読んでも実践する場がないので、全く身につかないと思った方がいいです。実践しなければただの頭でっかちになって、どんどん動けなくなってしまうからです。

スキルを身につけるにはそれだけの行動が必要です。

ネット上でスキルを磨く

スキルを身につけるための行動として、僕がおススメするのはネット上で販売する方法です。特に在庫や仕入れのいらないアフィリエイトがおススメです。自分で記事を書いて商品を紹介するというビジネスモデルです。

この形であれば、誰にも迷惑をかけることなくたくさん実践することができます。自分のセールコピーライティングのスキルがどの程度なのかも、実際の売り上げで測ることもできます。改善することも、テストすることもネット上なら簡単にできます。

講座や本でのインプットだけではなく、実際に書くというアウトプットでスキルが確実に身についていきます。それに、ネット上でなら家に帰ってきてからでもできるので副業として簡単に始められます。

 

あなたもセールスコピーライターを目指すなら今すぐ初めてください。行動することが成功へのいちばんの近道ですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です