効果が期待できるメルマガの書き方

メルマガ

ブログを書いて収入を手にしたいあなたへ

メルマガといえばマーケティング手段として利用している企業も多いですよね。

でもそのコンテンツが、集客効果や顧客の購買意欲につながるのなら良いのですが、中には開封すらされずに、そのまま廃棄処分されてしまうようなメルマガも存在しています。

僕のメールの受信箱にもいっぱいあります・・・。

そのうち整理しようとはおもっているんですけど(;^ω^)

 

というわけで、自分のメルマガもそうならないように・・・

 

メルマガを書くときに気を付けたい3つのポイント

まずはメルマガを開封してもらう必要があります。

そのためには、件名が重要になってきますね。

 

件名は開封をしてもらえるように、メルマガ読者に響くインパクトのあるものや、その時の目玉などといったキーワードとなるものを使用すると良いと思います。

他にも、見やすさや読みやすさ、わかりやすさを考えた書き方として、冒頭に目次を記入したり、適度なスペースや改行を入れましょう。

 

そして漢字とひらがな、カタカナのバランスも重要です。

あとはクリックしてもらいたい、アクションポイントとなるURLは、前後にスペースを空けてわかりやすいようにするのがいいです。

 

 

メルマガの内容も重要です!

基本的なことを取り入れたら、あとはメルマガの内容そのものについて考えてみましょう。

まずは内容そのものに関しては、テーマを絞ったり分野を分けるといったことが必要です。

いろいろな情報を詰め込みすぎてしまうと情報が錯綜してしまい、読み手のユーザーの心をつかむことは難しいでしょう。

 

また、自分の会社の宣伝やプロモーション、キャンペーンなどをたくさん盛り込むよりも、教育や啓蒙といったコンテンツを増やした方が、メルマガ読者にとって価値のあるメルマガになります。

そういった内容だと知らなかった有益な情報を得ることができるので読むことが楽しみになります。

そうなると、読んだ読者さんがファンになってくれたり、贔屓にしてくれるようになることも期待できます。

 

もちろん宣伝やプロモーション、キャンペーン情報なども内容に含めてもかまいません。

しかし全体の比率としては教育や啓蒙の情報を90%にして、残りの10%程度を宣伝などに使用するのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です