ロングテールSEOでブログ集客力をあげる3つのポイント

キーワード

ブログを書いて収入を手にしたいあなたへ

こんにちは!

前回、ブログの記事は多い方がいいのか?という質問について回答しましたが、今回もそれに関したことを書いていこうと思います。

集客ブログのロングテールという考え方

ロングテール

この図がロングテールという考え方を表しています。

1日PV数(読まれた数)が100の記事が10記事程度だったとします。合計すると100×10で1000PVになります。

ただそれ以外、PV数が1の記事が1000記事有れば合計すると1×1000で1000PVになりますよね。

1000記事書くのにはかなり労力が要りますが・・・。

 

売上に置き換えてみましょう!

1日に100個売れる商品が10個程度あるとして、1000個売れます。

1個しか売れない商品が1000個あれば、これも1000個売れます。

もちろん、単価とかは違うので、単純に売上金額が同じではないですが、売り上げ自体は数が有れば延びるということです。

 

で、実際にこれで成功したのがAmazonですね。

とにかく商品数が半端ないです。なんでも買えちゃいますよね。

ホームセンターなんかも同じような考え方です。

 

 

集客力をあげるキーワードの考え方

キーワード

例えば「リフォーム」というキーワードで検索してみます。

「リフォーム」で検索すると約68600000件のサイトが検索されます。

 

「リフォーム トイレ」で検索すると約27600000件のサイトが検索されます。

一気に半分以下になります。

さらに「リフォーム トイレ タンクレス」で検索すると約384000件に減ります。

 

「リフォーム」→ビッグキーワード

「トイレ」→ミドルキーワード

「タンクレス」→スモールキーワード

 

そしてロングテールの考え方として重要なのは「スモールキーワード」です。

スモールキーワードまで含む検索なら、検索結果に表示されるサイトの数も減るので上位表示がしやすくなります。

そこで内容の濃い記事があれば、読まれる確率は高くなります。

ファンになって、他の記事も読んでもらえるようになるかもしれません。

 

集客力を上げるキーワードの組み合わせは無限大

キーワードは無限大

さっきの例でいえば、「リフォーム」というキーワードをメインにして、「トイレ」を「浴室」「お風呂」に変えて、「ミストサウナ」と組み合わせることもできます。

こうやってメイン以外を変えることで、又はさらにスモールキーワードを追加することで、たくさんの組み合わせを作ることができます。

そのキーワードに合わせて記事を書いていけば、検索されやすくなります。

 

「スモールキーワード」で表示されることが増えれば、「ミドルキーワード」でも表示されやすくなります。

そして「ミドルキーワード」で表示されるようになれば、「ビッグキーワード」でも表示されやすくなります。

 

最初から「ビッグキーワード」で上位表示されるのを狙うのではなく、「スモールキーワード」で上位表示されるように記事を書いていきましょう!

 

集客力をあげる記事のタイトルの付け方

ブログタイトル

記事のタイトルには、必ずさっきの3つのキーワードを入れてください。

「リフォーム」「トイレ」「タンクレス」なら、

「リフォームでトイレを快適にするタンクレストイレの選び方」のようなタイトルの付け方を意識してみてください。

 

また、キーワードは先頭(左側)に置くようにしてください。順番も検索窓に入力される順番が一番いいです。

ただ、おかしな文章にならないように注意してくださいね!ある程度柔軟に・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です