ブログに何書く!?ブログを書く時に押さえておきたい3つのポイント

ブログの書き方

ブログを書いて収入を手にしたいあなたへ

こんばんは。

最近、セミナー開催への準備で少し忙しくしてました。

セミナーの詳細はこちらから→ネット集客スタートセミナー

 

さて今日は、ブログ記事の書き方について書いてみたいと思います。

 

ブログを作るときに、テーマを決めていると思います。

基本的にはそのテーマに沿った内容の記事を書いていきます。

例えば僕の場合は、「セールスコピーライターでお金を稼ぐ」ことをテーマにしています。

 

どんな人に伝えるかを考えよう!

ペルソナ

どんなに記事を書いても、読んでもらえなければ意味がありません。

あなたはどんな人にあなたの書いた記事を読んでもらいたいですか?

あなたが理想とする、読者(見込み客)を想像してみてください。

 

これをマーケティング用語で「ペルソナ」と言います。

このペルソナ。なんとなくのイメージではなく、とことん具体的に描き出します。

名前

年齢
性別
住所
仕事
趣味
価値観
年収
家族構成
ライフスタイル
考え方
今抱えている問題 etc…

これはどこまでやればいいというのはありません。

ただ、具体的になればなるほどイメージがしやすくなります。

ここがボヤけてしまうと、書いている記事のメッセージもボヤけてしまいます。

一つ一つ書き出して、できるだけ具体的にペルソナを決めましょう!

 

もし、これが難しければ、今現在あなたのお客様で理想の人をペルソナに設定してみてください。

まだ今現在お客様がいないようでしたら、知り合いの中から理想のお客様に近い人を探してみましょう。

その人をペルソナに設定してください。写真もあると具体性が増します。

 

何を伝えるのかを決めよう!

メッセージ

誰に伝えるのかが決まったら、今度は何を伝えるかです。

ここでよく「何を書いていいかわからない」という相談を受けます。

何を書くのか?この質問の答えは

「読者(見込み客)にとって役に立つ内容」です。

 

役に立つ内容って??ってなりますよね。

ここでさっきのペルソナが役に立ちます。あなたの理想のお客様が抱えている悩み、問題。

この内容について書きましょう。

 

例えば、整体院であれば、体の悩み肩こりや腰痛などを和らげる方法。

美容室であれば、髪を傷みから守る方法。

こういう感じで、情報を発信していきましょう。

 

伝えたいことは一つに絞る

オンリーワン

一つの記事にあまりたくさんのことを書いても、内容がごちゃごちゃしてしまいます。

伝えたいことを一つに絞ることで、伝わりやすくなります。

 

僕は今回のこの記事では「ブログの書き方」を書いています。

これが途中から、ワードプレスの使い方や広告の作り方の内容になってしまうと、結局何が言いたいのかわからなくなってしまいます。

1記事、1メッセージで書いていくと伝わりやすくなります。

 

最後に・・・

ブログを書き始めのころは、「こんなこと書いていいのかな・・・」って不安になったりします。

でも書いてどんどん情報発信をしていかなければ、お客様に見つけてもらえません。

最初は時間がかかるかもしれません。でも慣れてくればその時間はどんどん短くなっていきます。

 

そしてその時間でさらに役に立つ情報を発信することができます。

まずはとにかく書く!ここから始めてみてください。

文章力は後から付いてきますから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です