ライティングスキルを身につける順番と基本を抑える本4選

ブログを書いて収入を手にしたいあなたへ

これからの時代、Webマーケティングは当たり前の時代になってきます。

その中で重要なのはラテイィングスキル。ライティングスキルを手にすれば、Web上のメディアであらゆる情報発信することができます。そしてそれができれば、どこに住んでいようと、どんな時間だろうと収入を得ることができます。

だからこそ僕はライティングスキルを手にするために、このブログで情報発信をしています。

じゃあ、どうやったらライティングスキルを身につけることができるのか?それが気になるところですよね!

ということで、今までライティングスキルを身につけるために僕がやってきたことを紹介しようと思います。

ライティングスキルを学ぶ順番

ライティングにはいくつかの種類というかタイプがあります。

これを知らなかった僕は最初からセールスライターになろうと思い、数万円する講座を受けました。でもこれが間違っていました。

もしかしたら多くの人が同じミスを犯しているかもしれません。

セールスライティングのスキルは、ライティングの中でもかなり高度なものです。書くということだけではなく、心理学やマーケティングといったスキルも身につけなければいけないからです。

そもそも普段から文章を書くことがない、文章を書くことが苦手だと思っている人にとっては小学生がいきなり大学で学ぶようなものなんです。

結果として、挫折して諦めてしまうことに。。。

そうならないためにも、ライティングの種類を知って、取り組みやすく挫折しない順番でスキルアップしていきましょう。

まずは文章になれる

文章を書いたことがない。文章を書くことが苦手。そういう人はまずブログを始めましょう。アメブロなどの無料ブログでいいので、その日あったことや、思ったこと。日記のようなものでいいので、まずは書いて文章に慣れてしまいましょう。

書く文章量が増えれば増えるほど、書くことへの抵抗感もなくなり苦手意識もなくなります。

Webコンテンツを作る

文章を書くことに慣れてきたら、日記ブログとは別にサイトを作ります。日記とは違い、たくさんの人に読んでもらえるようなWebコンテンツを作ります。

一つのテーマを考え、それについての記事を書きます。そしてこのサイトでは最終的に広告収入を得ることを目的にします。

例えば僕が一番最初に作ったのは、「ワキガ」に関するサイトです。ワキガに関する本を数冊、アマゾンで中古で購入しその知識を仕入れます。

他にもネット上で同じようなサイトを調べ、書いてある内容を調べそれよりもいい記事を書くようにします。こうすることで、どういった文章が需要があるのか、どういう風に文章を書けばいいかということがわかってきます。*詳しくはSEOライティングの記事でも書いています

こんな風にサイトをいくつも作っていきます。これでかなりライティングスキルが磨かれるし、これだけでも収入を得ることができる様になります。

セールスライティングを学ぶ

ある程度コンテンツライティング、SEOライティングのスキルが身についたら、セールスライティングを学びます。セールスライティングは文章の書き方というより、マーケティングの要素が強く、文章の組み立てというよりも、リサーチ力が重要です。

どういう人たちに、どういった商品を売るのか。そしてどうやって売るのか。

基本的なスキルを身につけて、あとはテストを繰り返して場数を踏むことが必要になってきます。

ラィティングスキルを身につけるには

基本的には書くというアウトプットが重要です。アウトプットをしながら、知識を仕入れるインプットをしていきます。

アウトプット、インプットをバランスよく繰り返しスキルを自分のものにします。

そしてインプットに最適なのが本です。

最近では、ライティングの重要性が認識されてきたのでライティングに関する本をたくさん出ています。

いきなり高額な講座に参加しても、アウトプットが追いつかない状態ではお金の無駄になってしまいます。

文章を書くことに慣れるまでは、本で知識を仕入れる様にしましょう。

参考までに、僕が買った本いくつかを紹介します。

文章を書いたことがない、苦手意識がある人向けの本

SEO、Webコンテンツライティングスキルを身につける

他にもたくさんライティングに関する本は出ています。ここで紹介したのは一部ですが、まずはこれくらい読みやすい本で基本的な知識を身につけ、それをブログやサイトの記事でアウトプットしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です