売れるチラシや広告を作る前に気を付けたいたった一つのこと

ブログを書いて収入を手にしたいあなたへ

経営者や営業マンは、商品やサービスを売ることが仕事です。

 

しかし昔の自分がそうだったように、多くの人が商品やサービスを売ることに抵抗感や罪悪感を持っています。

 

ポストに張られた「セールスお断り」の文字。

なかなか帰らない新聞の販売員。

何度もかかってくる電話営業。

 

あなたも今まで生きてきた中で、何かを売りこまれたという経験をお持ちですよね。

 

その時の嫌な思いが、

「相手に嫌な思いをさせているのではないか」

と売ることへの抵抗感や罪悪感を作っています。

 

でもこの罪悪感、

あなたの書くチラシや態度で、お客様には伝わってしまいます。

 

「売り付けてしまっているのでは・・・」や

「売り付けてやろう!」といった考えでは

絶対に売れるチラシは書けません。

 

よく「チラシを作っても売れない」と言う言葉を耳にしますが、

そういう人はこの根本的な部分を勘違いしている場合が多いです。

 

広告やチラシで商品やサービスを売るということは、

商品やサービスの良さをお客様に伝えて、

その商品やサービスを手にすることで

お客さんの人生に新たな価値を提供することです。

 

この部分を理解していないと売れる広告やチラシを書くことは難しいです。

 

あなたもどこかに抵抗感や罪悪感を持っていませんか??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です