まずは基本!SEOライティングから始めよう

search-engine-optimization

ブログを書いて収入を手にしたいあなたへ

「ライティングスキルを磨こう!」

そう思っても何から始めていいかわからない部分もあると思います。

今回は、ライティングスキルを学ぶ順番をお伝えします。

ライティングの種類

ライティングには大きく分けて

・SEOライティング

・セールスライティング

があります。

SEOライティングは、検索結果に表示されるようにするためのライティングです。キーワードを意識して、記事を書く必要があります。

セールスライティングは、読んでいる人に購入、登録という何かしらの行動をしてもらうためのライティングです。

ライティング初心者の人がいきなりセールスライティングを学ぶのは、結構ハードルが高く、挫折してしまいがちです。

まずはSEOライティングから学んで、読んでもらえるコンテンツを作れるようにしましょう。

SEOライティングとは?

SEOライティングを知るにはまずは「SEO」について理解しておかないといけません。「SEO」とは検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)の略で、検索結果に上位表示されるようにするための方法だと考えてください。

紙媒体に書かれた記事は、その紙媒体を宣伝し手に取ってもらって初めて読んでもらえることができますが、ネット上では、検索エンジンで上位表示されれば読んでもらえます。そのために多くの会社がSEO対策に力を入れています。

SEOライティングとは、この検索結果に上位表示されるように記事を書くことです。

SEOライティングの本質

ただし、キーワードをただ並べただけの無意味なコンテンツでは意味がありません。検索エンジンを利用する人の多くは、自分が抱えている問題を解決する方法を探しています。

例えば、「SEO ライティング」で検索する人は、SEOライティングの方法を知りたくて検索をしていると考えられます。検索結果に表示される記事は、このSEOライティングの方法が書かれた記事でなければ、検索した人にとって意味がありません。

自分が求めている答えが出てこなければ、いろんなページを無駄に見て回らなければいけなくなります。

そうなってしまうと検索エンジンの利用価値がなくなってしまいます。googleは常に利用者にとって価値のある結果を返せるかを研究しています。

SEOライティングとは、検索した人にとってどれだけ答えられるのか。検索した人の問題をどれだけ解決できるのか。を考えて記事を書くスキルが必要です。

SEOライティングのスキル

ただ検索者が求めている答えを書いても、googleに認識してもらえなければ検索結果に表示してもらえません。googleに「こんなコンテンツがありますよ!」って伝えるのもSEOライティングの重要なスキルです。

そのためにキーワードの存在が大切になってきます。さっきと同じ例で考えてみるとわかりやすいと思います。

「SEO ライティング」で検索した人向けに記事を書いたとします。しかしその記事の中に「SEO」「ライティング」といったキーワードがほとんど入っていなければ、googleは「これは(SEO ライティング)に付いて書かれた記事」だと認識できません。

googleに記事の存在を伝えるためにも、キーワードを適切に入れて記事を作る必要があります。

SEOライティングとはこういう風にキーワードを含めて、なおかつ検索者にとって有益な記事を作成するのが目的です。

SEOライティングのはじめの一歩

記事を書くにあたって初めにやらなければいけないのは、情報の整理です。伝えなければいけない情報を、わかりやすく、読みやすくまとめなければいけません。

始めからキーワード等を意識しすぎて、文章がおかしくなってしまっては読みづらいだけです。まずは情報を整理し、何を伝えるべきかを意識した文章を書くようにします。

そこから、キーワードを適切に入れていくようにしましょう。

「まずは基本!SEOライティングから始めよう」のまとめ

記事を書くというのは読んでもらって初めて価値が出ます。誰にも読まれなければ、その文章は存在しないのと同じになってしまいます。

せっかく書いた文章を読んでもらうためにも、SEOライティングから始めましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です