個人事業主が屋号付きの口座を開設する時に気をつけたいこと!

開業届

ブログを書いて収入を手にしたいあなたへ

こんにちは。

先日書いた個人事業の開業届の記事、覚えていますか??

開業届の書き方

あの後実は、その記事を読みながら自分でも開業届を出しました。

 

理由は個人事業用の銀行口座を開設するためです。

 

個人事業用の口座を開設するメリット

銀行口座

1.屋号がつけられる。
僕の場合だと、「ワードラボ ヨザ マサシ」のようになります。

2.1に関連して、起業としての信用度が少しは上がる。
特にネット上のみの場合、お金を振り込む段階で、個人名よりも屋号があるほうが安心感ありますよね。
例えば、オークションサイトでの個人とショップとの違い・・・。

3.事業用資金として管理しやすい。
個人事業でやっていると、ついつい生活資金と一緒になってしまいがちです。
事業用の口座を作ることで、きちんと分けて管理がしやすくなります。

 

口座開設する銀行は2パターン!

融資計画

どこの銀行で個人事業用の口座を開設すればいいのか?

これは今後の事業展開によって2パターンあります。

1.今後事業の拡大に伴い融資等が必要

この場合は、都市銀行や地元の信用金庫で個人事業用の口座を作ったほうがいいと思います。

取引の履歴が信用になり、融資の相談も受けやすくなります。

 

2.融資は考えてないし、手軽に開設したい

この場合は、間違いなくネット銀行で口座開設したほうがいいですね。

ちなみに僕は楽天銀行で個人ビジネス口座の開設手続きをとりました。

 

都市銀行で個人事業用の口座開設するデメリット

都市銀行の口座開設

都市銀行や信用金庫などは手続きが面倒くさそうなので、僕は手続きをやっていません。

でも、調べる限りあまり歓迎されてない気がします。

ホームページ上でも、積極的に出していません。

 

それに口座維持手数料がかかったりするので、無駄な経費のような気がします。

振り込み手数料も、ネット銀行に比べると高いです。

 

また引っ越した時も支店が変わるので手続きが厄介そうです。

自分で口座開設をしていないので、あくまでもネット上の情報からの判断ですが・・・。

 

オススメは楽天銀行の個人ビジネス口座の開設

インターネットバンキング

もともと、振り込み手数料がやすいということで個人の口座で利用していました。

ほぼどこのコンビニでも使えるし、Visaデビットが使えるので重宝していました。

 

個人事業主になると最初の頃はほぼクレジットカードが作れません。

今の時代クレジットカードがないと結構不便です。

ネット上での支払いはほぼこのVisaデビットを利用しています。

(個人ビジネス口座にはVisaデビットは付いていません)

 

他にも、口座の動きをCSVファイルとしてダウンロードできるのも魅力です。

帳簿とかつけるのにも便利ですよね。

 

今回、個人事業用の口座を作るのに必要なのは、開業届の写しだけでした。

家の中で全て完結できます。ただし、1週間ほどかかるようです。

 

個人事業用の口座が欲しいなと思ったら、楽天銀行を検討してみてはいかがでしょうか!

 

では(^ ^ゞ

 

追記

実はこの後、ビジネスアカウントの口座開設を拒否されました・・・。

ということで、ジャパンネット銀行でビジネス口座を開設しました。

個人事業主が屋号付き口座を開設したいときはここ!JNBでしょ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です